交通事故の弁護士に相談をするタイミングについて

交通事故の被害者になったならば、早めに弁護士へ相談をするのが良いでしょう。そちらの方が事故の流れについて弁護士も正確に把握しやすいからです。慰謝料の事を考えるのでしたら、弁護士に相談をすることで話を有利に進めることが出来るでしょう。ただし事故に遭遇したならば、多くの場合、被害者は怪我をしています。

そのためすぐに依頼をするのは難しいかもしれません。ではいつのタイミングが他にはあるのでしょうか。交通事故の示談交渉中に依頼をするのも良いでしょう。多くの場合、加害者からは保険会社の交渉担当の方が来る筈です。

素人にとってはまず太刀打ち出来無いと考えた方が良いかもしれません。その結果、被害を受けている方が下手をすれば損をするような示談となってしまう可能性があります。これは損でしかありません。しかし保険会社の担当者も、弁護士が出て来たならばどうしようもありません。

一番良いのは保険会社の担当者が来るのに合わせて依頼をするのが一番と言えます。ただ交渉人に何を言われても同意書にサインをしなければ示談は成立しません。もしそれで決裂をしたならば裁判所で争う事になるでしょう。そのような段階で弁護士に依頼をするというのもあります。

ただしそのような段階になると面倒な事が多くなるだけでしょう。やはり交通事故の被害者になったならば早めに依頼をするのが一番有利なのかもしれません。納得出来る慰謝料を手に入れるために、少なくとも調停や裁判までは依頼をしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です