交通事故の後処理に弁護士が強い理由

どれだけ注意して乗用車を運転していても、交通事故を起こしてしまうリスクは乗用車を運転する人なら誰にでもあります。事故を起こしてしまうと、加害者は被害者に対して様々な金銭的賠償をする必要が生じます。被害者が事故により怪我をしてしまった場合にまず支払わなければならないのが、怪我の治療費と入院費です。特に治療費については、医師が必要と認めさえすればその全てを支払わなければならないため大変高額になります。

次に、「休業手当」と呼ばれる費用です。これは、被害者が仕事をしている人の場合、交通事故により一定期間の間労働が出来ない状態となってしまいますので、その間の給与を加害者が補償しなければならないというものです。被害者が会社の経営者であったり、高給取りであった場合にはその経済的損失も加害者が責任を負わなければなりません。相手が主婦であった場合でも同様に、その事故で失った経済活動分の金銭を補償する必要があります。

しかしながら、治療費がどこからどこまで認められるのかといった問題や、被害者が事故によりどの程度労働能力を失い、どれだけの経済的損失が出たかについては被害者と加害者の間で最も対立が起きやすい場面であり、場合によっては訴訟による解決以外の方法が無くなります。ここで頼るべきなのが交通事故に強い弁護士です。弁護士に仲裁を依頼すれば、裁判となる前に「和解」に被害者が応じてくれる場合もありますし、裁判となってしまった場合にも弁護士が法律的知識のもと有利になるように証拠を集めてくれます。一人で悩まず弁護士に相談する事が交通事故問題解決の第一歩です。

広島の過払い金の弁護士のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です