交通事故の損害賠償訴訟は弁護士に依頼するのが賢明

車を運転している人にとって、交通事故はいつ起こるか分かりません。自分がどれだけ注意していても、相手側の過失で事故に巻き込まれることだってありますよね。だから、決して他人事とは言えません。もし、交通事故に遭った時、どのような対応が必要か、という点について日ごろからよく考えておく必要があります。

まず、交通事故が起こったら、要救護者の救出作業を行うことです。何よりも人助けが最優先です。次に警察への連絡です。どんな状況でも、交通事故を起こした(起こされた)場合は、警察に通報する義務があります。

この間、事故当事者間で、名前や連絡先などをチェックしておくことが必要です。よくいわれるように、この時点では理由もなく謝罪することは勧められません。こちら側の過失を認めることになりますので、安易に謝ることは賢明ではありません。警察が来たら、実況見分に立ち会います。

この実況見分をしっかり見ておくことが重要です。不十分な実況見分で済まさないように注意が必要です。この実況見分に基づいて保険会社が過失割合を算定することになるので、極めて重要です。また、事故によるけがや症状は、事故直後にはまだ明確でない場合もあるので、その場での示談は避けるべきでしょう。

事故後、双方が話し合って示談を進めることになりますが、もし話がまとまらなかったら、家庭裁判所での調停になります。それも不調に終わった場合は、裁判になります。民事訴訟の場合、本人訴訟も可能ですが、交通事故に強い弁護士に依頼するのがベストです。相手側も弁護士を立ててくることが予想されるので、こちら側も実績と能力のある弁護士に依頼することが勧められます。

民事訴訟の場合、裁判の途中でも和解が可能です。どのように裁判と和解を進めるかについても、弁護士と相談することが望ましいといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です