交通事故を起こした時には弁護士に連絡を

交通事故を起こした場合、当たり前ですが最初にすることは警察を呼ぶことです。特に自分が事故を起こしてしまった加害者の場合、相手がどんな甘いことを言ってきても必ず呼ぶ必要があり、その理由として、今面倒なことを避けて、逆に後からもっと厄介なことに巻き込まれないようにするためというのがあります。交通事故というのは車同士、対人などいろいろなものがあって、それぞれ罪が変わってきますが、大切なのは事実をはっきりとさせることです。そのためにも警察を呼んで現場検証してもらう、そして相手の状態をしっかりと第三者によって判断してもらうことが大切なのです。

もしもここで相手の言うままに警察を呼ばない場合、後から事故の後遺症だ、慰謝料だとなった時に対抗することができなくなってしまうのです。それゆえ必ず法的な対処をする必要があります。また同時に保険に入っている場合はすぐに連絡を取ること、さらに弁護士の知り合いがいる場合も迅速に連絡しましょう。交通事故の厄介なところは時間が経つほど記憶が曖昧になってしまうこと、事実が分からなくなってしまうことなので、すぐに法律の専門家である弁護士などに依頼して解決をゆだねてしまうのがいいのです。

自分一人でなんとかなるものではないので、知り合いがいない場合も早めに弁護士を探して依頼すること、それがもっともトラブルが起こらない方法であり、交通事故にあった時には必ずとるべき行動になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です