交通事故の金融面での賠償と弁護士のサポート

交通事故で負った身体的なダメージは、慢性化しやすいものも多くあります。そのため、保険会社に正当性のある金融的な償いをしてもらうためにも、交通事故での被害者として身体的な負担を正しく評価してもらうことが必要です。とりわけ、鞭打ちのような症状は、外観からでは症状の詳細が把握しづらくなる傾向もみられ、医療機関で検査を受けても症状の度合いを証明する正確な医学的データが得られないケースも見受けられます。それゆえに、後遺障害の慰謝料などにおいて、適切な金額が算出されない例も見受けられます。

特に、自賠責保険の基準が適用される範囲には治療を受けられる日数や金融的な限度があり、この範囲を超えることで、自賠責保険では対応することができなくなります。そのため、任意保険や裁判の基準が適用される事が必要になりますが、被害者の意に反してこれらの基準が適用されない場合もある為、弁護士からの法的な協力が欠かせなくなるのです。任意保険や裁判での基準が適用される場合は、自賠責の基準よりも高額な慰謝料が支払われることになります。しかし、より金融的に有利な条件を引き出すためには、弁護士の方に協力してもらい裁判を起こす事も必要で、保険会社の提示する示談の条件に納得ができない根拠を裁判で示さなければなりません。

そのため、後遺症などが見られる身体的負担の大きな交通事故の事例では、弁護士が被害者の訴えの正当性を証明することが必要とされるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です