円滑に遺産相続を進めることが大事

遺産相続を進めるときには、遺族同士でトラブルにならないように円滑に進めることが大事です。遺産相続は、亡くなった被相続者の遺産を継承するための手続きのことを言います。一般的に、遺言などの特別な事情が無いときには法律によって定められた法定割合によって遺産相続が始まります。法律に書かれている割合では、被相続者の配偶者が最も大きな割合で財産を継承することが出来ます。

その次は子供です。こうした割合は、法律に書かれている限り必ず守らなくてはいけませんが、遺言などによって被相続人からあらかじめ割合が決められているときにはこの限りではありません。被相続人は、生前に医師や弁護士の立会いの下に自身の財産をどのように相続させるのかを決めることが出来ます。この場合、特定の人物だけに遺産を相続させることも可能であるため、遺言書の効果は非常に強力だと言えます。

こうした事情があるため、遺産相続をする時には家族同士でトラブルが生じることが多いです。特定の人間に対して遺産が継承されてしまったときには法律の範囲内で受け取ることが出来た相続権者の権利が無くなってしまうことになります。このような不便がないように、法律ではさらに遺留分という制度も設けています。法定割合で遺産相続をする時には話し合いによって分けることもできますが、遺言があるときにはそのように上手くいくことは少ないため、本当に困っているときには弁護士に相談して間に入ってもらうことが賢明です。

広島で相続のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です