相続税対策のポイント

相続の際に支払う相続税は、事前に対策を講じておくことで節税することができます。今すぐ行いたい相続税対策について、解説します。生前贈与を利用して、節税とともの家族が納税するための資金を確保する生前贈与対策には、次の2種類あります。暦年贈与は、親から子や孫への贈与を継続的に方法です。

親から子や孫への贈与の場合、年間110万円までは非課税になりますので、できるだけ多くの人に長期間にわたって贈与するのがポイントです。相続発生前の3年間に行われた贈与は、相続財産に組み込まれますので注意します。相続時精算課税贈与は、2500万円までを子や孫に非課税で贈与し、相続発生時に贈与財産を加算して相続税を計算します。一度に多額の贈与ができ、収益物件を贈与すると納税資金を確保できます。

一度利用すると暦年贈与は使えないので注意します。小規模宅地等の特例とも比較して有利な方を選びましょう。財産評価を引き下げる対策として、所有不動産を賃貸用にするという方法があります。賃貸用の不動産は、自分で使っている不動産、使っていない不動産の7割程度の評価になります。

この評価差を利用すると課税価格を引き下げることができます。相続税の優遇制度を活用する方法もあります。死亡保険金は「500万円×法定相続人の数」が非課税になるため、生命保険に加入してこの非課税枠を活用します。また、死亡退職金も「500万円×法定相続人の数」まで非課税です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です