相続税は対策しだいで少なく出来る

親がどのくらい財産をもっているか知らないという家庭も多いのですが、いざ親が亡くなって相続する時になると預貯金がどのくらいあるのかやどこに不動産を所有しているのかなどわからずに苦労する事になります。受け継いだ財産が多い場合には相続税も支払わなくてはいけません。相続税には基礎控除があって、相続した財産から一定の額を基礎控除額を引いた金額に課税されます。基礎控除額は3000万円+法定相続人の数×600万円となっています。

法定相続人が2人なら4200万円、3人なら4800万円が基礎控除額となります。仮に遺産が1億円ある場合には3人で相続すると5200万円に課税される事となり、税率は30%となります。税率は遺産が多いほど高くなるシステムになっており、課税される遺産が5000万円以下の場合には税率が20%、3000万円以下では15%に下がります。こういった場合相続税対策をちゃんととっておけば、課税額を減らすこともでき税率も低く抑えられるのです。

日本人はお金の話をするのを嫌がる人も多いのですが、家族で話し合って相続税対策をとっておけば子供や孫により多くの財産を残す事ができます。子供や孫の教育費を贈与する時には1500万円まで非課税にできる教育信託を利用する事もできます。相続税対策にどのようなものがあるかわからない場合には税理士に相談する事も良い方法です。税に対してのセミナーを開催している税理事務所もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です