相続税対策は早めにしておいた方が良い

相続税の基礎控除が減額された為、相続税とは無縁と思っていた家庭でも課税されるケースが増えています。現在株価が上昇してきており、今後さらに上昇する可能性が高いので資産が増えている家庭も多くなっています。また土地の価格が上がってきて不動産価値も共に上昇している為、いつの間にか自宅の資産価値が上がっていて課税されるという事もあります。税金はきちんと支払うべきものですが、相続税は節税対策をとっておけばかなり減らす事ができます。

預貯金が多かったり、株を沢山所有している場合には生前贈与を利用する方法もありますし、不動産の場合にも二世帯住宅にしておいたり貸家にする事で節税できます。特に不動産の価値の算出の仕方で、課税額を大幅に減らす事ができるのです。不動産の価値は路線価を基準に算出しますが、どの道路に面しているかや面している面積、土地の形などで価値が大きく変わってきます。知識のない一般の人ではそういった事はよくわからない為、税理士に相談すると良いでしょう。

不動産価値を減らすと相続税の対象になる財産が減るので、課税額も減ってきます。貯金や有価証券の価値は減らす事ができませんが、不動産なら対策しだいでかなり節税する事ができます。また保険を使って節税する方法等、相続税を減らす対策は色々あります。相続が発生してから相談するのも良いのですが、できれば発生する前から相談しておくと色々な対策が取れるのでより節税できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です