平成27年1月1日以降の相続税の制度について

相続税とは、例えば、ある人(被相続人)が死亡した場合、一定範囲の親族(相続人)に受け継がせた際に課税される国税のことを言います。相続人が、死亡者である被相続人から受け継いだ財産については、所得税に関しては非課税となります。相続財産についてですが、生命保険及び死亡退職金の場合は五百万円×人数の合計額の範囲内であれば相続税は非課税となります。例えば、夫が死んだ際、生命保険金を妻と二人の子供が受け取る場合、千五百万円以内であれば相続税が掛からないことになります。

相続税ですが、平成二十七年一月一日以降に控除額が引き下げられました。改正前の基礎控除は、五千万円+一千万円×法定相続人数でした。これが、平成二十七年一月一日以降では、三千万円+六百万円×法定相続人数となりました。相続財産が基礎控除額以下であれば相続税については非課税となりますが、そうでない人の場合は基本的に相続に関する課税対象となります。

相続財産ですが、高価なマイホームを所有している場合はそれだけでもかなりの評価額となります。遺産となるものが少なければ特に問題は無いといえますが、税理士といった税に関する専門家に相談をする際は細かい事を入念に話さなければならないでしょう。平成二十七年以降は相続増税となり、税務署に申告する際は正しく行わなければ後々トラブルを招くことになります。基本的には、相続財産は改正以降の基礎控除額以下に留めればトラブルを招くことにならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です