相続は遺留分の制度のおかげで必ずできる

相続は、遺留分の制度のおかげでトラブル無く手続きをする事が可能になります。相続は、遺産を継承することが出来る権利を持った人が手続きをすることによって法定割合のもとに遺産をもらうことを意味します。亡くなった人の遺産が多ければ多いほど貰うことが出来る遺産が大きくなるのは言うまでもありませんが、実は相続にはたとえ遺産を継承することが出来る権利を持っていたとしてもそのようにできない事情があるときがあるのです。それは、亡くなった人が法定割合を無視した遺言書を後世に遺していた場合です。

遺言と言うのは、亡くなった人が遺した最後の意思表示であるため仮にこの中に遺産の分配に関する記述があるのならばこの遺言書に書かれた内容が最優先に考慮されることになります。仮に、遺言書の中に法定割合の中では遺産の分配が低い者であってもその者に全ての財産を相続させることが書いているのならば、民法上の割合は無視してその遺言の内容を最優先に考えなくてはいけないのです。もちろん、このように遺言書だけを考慮した遺産の分割が行われてしまうと著しく不公平な相続が成立してしまいます。そのため、このような事態を考慮して法律ではたとえ特定の人物に全ての遺産を渡すという記述があっても、元々権利を持っていた人には最低限の遺産を分配することを決めた制度を作ることにしたのです。

この非常に便利な制度のことを遺留分の制度と言い、この遺留分の制度を利用すれば法定割合の分配分は無くても、最低限の遺産を貰うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です