遺留分の制度を利用して最低限の相続をする

遺留分の制度を利用すれば、最低限の相続をする事が出来るようになります。基本的に、家族の中で財産を持っている人が亡くなった場合にはその財産を継承するための権利者が法律によって決定されます。この権利者は、財産を持っている人が亡くなった段階で権利者が確定するため、法定割合で一定の財産を相続することが可能になるのです。実際にその財産を継承するときには、相続の割合において財産の単独所有を宣言して他の家族の同意を得る必要がありますが、手続きが終わればその後に税金を支払うことで自由に財産を使うことが出来るようになります。

しかし、このように亡くなった人の財産を継承することが出来ない事例も存在します。それは、亡くなった人が特定の人物に対して財産の全てを相続させることを遺言書で遺していた場合です。このときには、書かれたその特定の人物が法律上は全ての財産を引き継ぐことができます。しかし、この遺言規定にはかなり不公平な部分があるのも事実です。

本来ならば財産を継承することが出来る人物が全く財産を手にする事が出来なくなるとすれば、家族制度の意味も希薄になってしまいます。そこで、法律では遺留分という制度を設けて最低限度の財産に関しては全ての財産を特定の人物に与える規定があっても継承することが出来るようにしたのです。こうすることで、家族間の間でも不公平のない財産の継承が出来るようにしました。相続で納得のいかないポイントがあれば、この遺留分の制度で財産を継承しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です