相続で知っておきたい遺留分について

自分が亡くなった後、相続でもめることがないように遺言を残そうとするなど、対策を始めている方が多いです。場合によっては生前に財産を贈与しておくという事を行っている方もいます。確かに自分の意思をきちんと伝えていくことは重要ではありますが、それだけでは思い通りに進まないこともあります。必要な知識を抑えて確実な対策をとっていくようにしましょう。

まず知っておきたいのが遺留分というものがあるという事です。特定の人にすべての財産を譲るという事も遺言等で可能ではありますが、他の相続人から遺留分減殺請求がされると、一定割合については請求した人に対して渡さなければならないという事があるのです。そのため、それに抵触する部分については遺言の効力がなくなってしまうという事もあるのです。生前贈与についても、一年以内のものはこの計算に含まれますので、それを含めて考えたうえで遺言を残していく必要があります。

遺留分は兄弟姉妹にはなく、相続人が直系尊属のみの時には相続分の3分の1、それ以外の時には2分の1となります。兄弟姉妹については遺言等で除外しておけばよいのですが、それ以外の人に譲りたくない事情がある場合には廃除などの手続きを取る必要が出てきます。自分の財産が身近な人たちの争いになることはできるだけ避けたいものです。遺留分のことまで考えたうえでトラブルが起きない形での財産の分け方をしていくように心がけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です