相続の遺留分とは何か

遺産相続に関しては人間関係のトラブルが多いというイメージが強いのですが、本来であれば遺言書に従って残された遺族に平等に分割されるものとなっており、相続することができる遺族に関しては必ず遺留分というものが発生しています。この遺留分とは何かと言う点ですが、簡単に言ってしまえば遺産を相続する権利のようなものをさしており、突然家族を亡くしてしまって生活をすることができなくなってしまうなどのトラブルを防ぐために存在している保証のようなものとなっています。そのため、遺族は遺留分を行使して遺産を相続することができるようになっているのですが、場合によってはこの権利を行使せずに遺産を放棄すると言うことも可能となっています。また、遺言書によって遺留分が侵害されている場合も無効となるわけではないため、場合によっては相続することができないというトラブルが発生することもあります。

そのような場合は弁護士に相談してどうすればいいのかと言うところを相談する必要がありますし、それ以外にも遺産全般に関しては弁護士に相談しながら物事を進めていくのがおすすめであるとされています。このように遺産に関しては受け取る権利が保障されており、逆に言えば遺留分が発生しない遺族に関しては遺産を受け取る権利がまったく保障されていないということになります。なので、自分がそのような権利を持っているのかどうかと言う点を確認しておくことが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です