相続問題の中でも遺留分はとても複雑である

身内が亡くなったら法定相続人は亡くなった人の財産を取得する権利があります。例外として欠格事由に該当したり亡くなった人の遺産をもらうことを放棄をしている場合にはその財産を取得することはできませんが、それ以外の人はもらうことができます。しかし亡くなった人の中には遺言で相続財産の全てを寄付をするとか、ある特定の人に遺贈する等と書き残している場合もあります。その時にはとても厄介なことになりますが、それがそのまま遺言書の通りになるとは限らないのです。

亡くなった人の兄弟姉妹以外の法定相続人には遺留分があるので、半分は取り戻すことが出来るのです。但しこの遺留分は行使をしなければならないので、兄弟姉妹以外の法定相続人が遺留分を行使する旨を相手方に伝える必要があります。しかしこの遺留分についてはよく知らない人が多く、亡くなった人が全財産を寄付するとか特定の人に遺贈する等と書かれている場合にはその通りにしなければならないと思ってしまう人もいます。民法ではそのような規定はないのですが、法律を知らないとどうしてもそう思ってしまう人もいるのです。

そのため遺留分のことでよく分からなかったら弁護士に相談をした方が良いです。弁護士は相続問題についてとても詳しいので、このような複雑な問題でも十分に対応してくれます。ですから分からないことがあったら一人で悩まずに、しっかりと弁護士に相談をして後で後悔をしないようにする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です