遺産相続に関する遺留分について

遺産相続に関しては、遺言を残しておくことによって財産の持ち主が分配方法を自由に決めることが可能です。ただし、特定の人物に対して遺産の全てを引き継がせるなど極端な分配方法を行うと、他の相続人との間に不公平感が生じてしまいます。もし、赤の他人に全ての遺産を引き継がせると、本来遺産を引き継ぐことが出来ていた家族は、生活に困窮していしまうことになります。そうなってしまうことを防ぐ為に、遺留分と言う制度が設けられております。

遺留分とは、相続人に対して一定の割合の遺産を引き継ぐことを保証している制度です。ただし、遺留分の制度によって、赤の他人に全ての遺産を渡すと言った内容の遺言が無効になってしまう訳ではありません。通常通り遺言の内容は実効されますが、もし家族などが不服がある場合に遺留分減殺請求を行うことによって、一定の割合の遺産を取り戻すことが出来ます。請求を行わない限り、遺産を取り戻すことは出来ません。

では、どれだけの遺産を引き継ぐことを保証されているかと言いますと、誰が相続人になるかによって比率は異なります。例えば、配偶者のみの場合は遺産の2分の1が保証されており、配偶者と子どもの場合はそれぞれ4分の1ずつが引き継ぐ遺産として保証されております。注意点としては、兄弟姉妹に対しては遺留分が認められていないことがあります。遺産相続に関してトラブルを発生させない為には、遺言を残しておくことが大切です。

その遺言の内容は自由に作成することが可能ですが、出来る限り公平性を持った内容にすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です