遺産相続の遺留分は親族の生活を安定させる為にある

遺産の分配方法に関しては遺言が残されていれば、遺産の持ち主である被相続人の意思が最優先に反映されることになります。しかし、完全に思い通りの分配方法が可能な訳ではなく、特定の人物に全ての遺産を引き継がせるような、極端な分配方法は認められない場合があります。遺産相続に関しては遺留分が認められております。この遺留分によって、兄弟姉妹以外の法定相続人は一定額の遺産を引き継ぐことが可能となります。

民法によって遺産を引き継ぐことが認められている人は、亡くなった人と近しい間柄にある人です。その為、同居しているなど金銭的な繋がりも大きいですので、それをいきなり途絶えさせてしまうことは、その後の生活に大きなマイナスの影響を与えてしまうことにもなりかねません。その為、遺留分という制度が設けられており、その後の生活に安定性を与えることを制度の目的としています。遺留分として認められる金額は、法定相続分よりも少なくなります。

例えば配偶者と子どもが遺産を引き継ぐ場合は、遺言が残されていなければ配偶者と子どもがそれぞれ2分の1ずつを引き継ぐことになります。しかし遺留分として認められる金額は、遺産の2分の1は亡くなった方が自由に分配できる金額で、残りの2分の1を配偶者と子どもたちで分配しますので、配偶者と子どもがそれぞれ4分の1ずつ引き継ぐことになります。尚、自動的に遺産が分配される訳ではなく、減殺請求の手続きを行う必要があります。もし、一定期間内に手続きを行わなければ、遺言の内容通りの分配方法が全て実効されることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です