相続トラブルを避ける遺言書作成と弁護士への相談

相続というのは避けて通れないものですが、お金がからむ問題のために、しばしば親族同士でのいざこざが生じてしまうことがあるものです。これを解消するための手段として、昔から遺言書を生前にしたためておいて、誰がどのような遺産を手にするのかを明らかにしておくということが行われてきました。この遺言書の形式というのは、民法のなかに規定があって、しかもいくつかの種類が定められています。遺言書の内容は、お金にかかわる相続人の権利にも大きな影響を与えることから、こうした法律上の形式を厳格に守っておかないと、無効になってしまうことがあります。

しかし、そうした遺言書のルールを知っている一般人はごくわずかですので、失敗をしないようにするためには、弁護士のように専門的な資格をもっている人に相談をするというのが、最善の解決方法といえるでしょう。弁護士は法律の専門家として国から認められた人であり、相続について定めた民法の規定をはじめとして、あらゆる法律に精通しています。逆にいえば、報酬を得て業務として法律にかかわる事務を行うことは、司法書士のように一定の範囲内で許されている人はいるものの、全面的に行うことができるのは弁護士だけということになっています。実際に相談をした場合には、自筆による遺言書の書き方、印鑑の押捺などの決まりごと、公正証書を用いたより証拠力の高い遺言書の作成方法などについて、くわしいアドバイスが得られます。

広島で相続のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です