相続の際の遺産分割協議と弁護士相談

相続をするにあたって、相続人がひとりだけしかいないという場合についてはそれほど問題にはなりませんが、通常は配偶者や子供など、複数の相続人がいるものです。こうした場合、遺産をすべての人の共有財産としておくことも可能ですが、使い勝手があまりにも悪すぎるため、話し合いにもとづく合意によって、誰にどのような遺産を渡すのかを明らかにするという、遺産分割協議を行うのが一般的といえます。このときに取り決められた内容は、協議書とよばれる書類としてまとめ、それぞれが証拠として署名捺印をします。この協議書は、たとえば不動産の所有権移転登記をするにあたっても、所有権が誰にあるのかを登記所が確認するための関係書類として、申請書に添付する必要があるなど、きわめて重要なものです。

それゆえに、内容や形式に間違いがあってはなりませんが、ふだんこのような文書を作成したことのない一般の人にとっては、やっかいな作業であるといえるでしょう。こうしたときに頼れるのが、法律の専門家である弁護士です。弁護士は法律上の知識にくわしいため、相談をすれば、協議書の書き方をアドバイスしてもらうことができます。また、実際に協議書の案を作成してもらったり、あるいはその先の登記所での所有権移転登記の手続きを代行してもらったりということもできますので、相続の手続き関係でなやんでいる場合には、早めに法律事務所にアポイントをとって、相談に応じてもらうとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です