相続財産の遺産分割で揉めた場合は弁護士に相談を

遺産は、遺産分割が行われるまで、相続人が共有することになります。遺産分割で遺産が誰のものになるかを正式に決定します。遺産分割には、次の3種類があります。まずは、現物分割です。

現物をそのまま配当します。たとえば、家は長男に、預金は次男にといった具合です。次に、換価分割です。遺産を売却して、その代金を全員に配分します。

最後に、代償分割です。現物を特定の者が取得して、取得者が他の者に代償金を支払います。なお、これら3つの分割が困難な場合には、遺産を共有したままにしておくこともできます。いずれの方法を採るかは、相続人が自由に決めることができます。

ただし、遺言で遺産分割方法の指定がある場合には、それに従う必要があります。もっとも、相続人全員の合意がある場合には、指定された方法と異なる分割をしても構いません。遺産分割は相続人全員で行う必要があります。1人でも欠けると協議は無効です。

たとえば相続人の中に、次のような者がいる場合には注意が必要です。揉めることが予想される場合には、弁護士に相談しておくとよいでしょう。まず、行方不明の者がいる場合です。行方不明とはいえ当然に財産を承継する権利はあります。

したがって、この場合には不在者財産管理人を選任して、その者が行方不明者の代わりとなって遺産分割を行ないます。次に、隠し子がいる場合です。隠し子といえども認知済みであれば、財産を引き継ぐ権利があるので除外することはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です