相続の遺留分について弁護士と相談しよう

相続の権利を持っているからと言って、権利者が満足のいく相続をすることができるかどうかは定かではありません。相続の規定はいくつか存在しており、その中には特定の人物のみに対して財産を引き継がせる方法があるからです。所有している財産を誰に対してどのように継承させるかは財産を持っている人の自由です。もちろん、実際に遺産を引き継ぐ人がその遺産に関して権利を行使することを放棄することも考えられますが、それ以外に関しては亡くなった人の自由な意思によって財産の分割の割合を決めることができます。

そうした意思を実現させるために最も利用されているの遺言書です。民法には、配偶者やその子供に対する遺産の相続の割合が定義されていますが財産を持っている人の意思が加われば遺言によってその割合を自由に変化させることが可能です。一人の人物に集中的に財産を継承させたいのならばそのような遺言を書くことで、財産のすべてを一人に相続させることも簡単です。しかし、このようなことをすると本来権利を持っていた人が大きな損失を負ってしまいます。

法定割合で行えば一定の遺産を引き継ぐことができたのでそれすらできないとなると不公平な結果を生み出しかねません。そこで、最低限の遺産を引き継ぐことができる遺留分という制度によって遺言があっても権利者が遺産を引き継ぐことができるようになったわけです。これを弁護士に相談することで大きな家族同士で大きなトラブルを起こすことなく問題を解決することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です