相続の悩みなら一度弁護士に相談

普段はあまり考えるきっかけけがないため特に準備もしておらず、その時になって意外とどうしていいかわからず困ってしまうのが相続の問題です。親戚のどこまでが対象なのかわからない、どういった割合で分けていいのかわからない、父の生前に同居してずっと面倒をみていたのは私なのに分配は全くの平等なんて納得がいかない、現金はあまりなく唯一の資産である自宅は店舗としても使ってるのでわけられないのでどうしたらいいのか、借金や債券などマイナスの遺産を相続したくない、など家庭ごとに相続の悩みは様々です。相続で揉めるのは遺産がたくさんある一部の裕福層が多いかと思いきや、そういった方々は普段から資産管理について税理士や弁護士から助言を受ける機会が多いのできちんと準備している方が多く、実はそれより普通のごく一般的な家庭の方がいざという時困ってしまう場合が多いのです。一番いいのはやはり、生前に弁護士などに相談してきちんと遺言書を残しておくことです。

さらに、「長男に遺産の3分の2を、残りの3分の1を次男に」のような曖昧な内容ではなく、「自宅と預貯金のうち〇〇円を長男に、残りの〇〇円と△△の株を次男に」のように具体的にしておくとよいでしょう。どんなに仲が良い家族や親戚でも、お金のこととなると揉めやすく、さらに一度揉めるともとには戻れない場合も多いので、そういったことが起こらないように事前に弁護士へ相談するなどして準備しておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です