相続で最低限の財産が欲しいときには弁護士に相談する

相続では、最低限の財産も手に入れることができない事態になってしまうことがあります。なぜかというと、遺言書や贈与によって他の人に対して財産の受け渡しが完了していることが考えられるからです。このような場合には、相続権を持っている人は財産を手に入れることができなくなってしまいます。基本的に、相続が行われるときには法律で定められている権利を保有している人が共有所有となって、その後に単独所有に切り替えて財産を分割するという処置をとります。

財産の取り分に関しては民法という法律に書かれており、民法に書かれている法定割合というのは共有財産から単独所有に移行した段階で適用されるものなので、まずは共有財産として家族で財産を保管しなくてはいけません。しかし、遺言書は別の形での相続が既にあった場合には、本来このような形で遺産を受け継ぐことができた人物が財産を貰うことができなくなってしまいます。遺言書や贈与などによって別の人に財産を与えることは法律でも認められており、亡くなった人の意思が最大限に尊重されるのならばそのような形での継承もありだと考えられています。もちろん、このような状況で本来財産を貰うことが出来るはずだった人が何の財産も貰うことができないというのは不公平に感じる人がいて不思議ではありません。

そこで、法律ではこのような人たちに最低限の財産に関してはしっかりと与えるようにするという居秋分の制度を設けたのです。これを弁護士に相談することで、一銭もお金を貰うことができないという事態を避けることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です